JR「立川駅」から徒歩5分 多摩モノレール「立川南駅」から徒歩3分

交通事故に強い弁護士をお探しならお任せ下さい!賠償問題・後遺障害等級認定をサポートします!

相談実績2,000件以上/相談料着手金0円/安心の完全後払い/代表弁護士 飛田貴史/代表弁護士 山下南望

せせらぎ法律事務所が選ばれる3つの理由

  • 保険会社攻略ノウハウがあるから示談交渉に強い!
  • 医療知識と診断書作成サポートで等級認定に強い!
  • 事故直後から示談・解決までの手厚いバックアップ!

相談料・着手金0円/完全成功報酬制/賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません!

0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら

あなたは今どんなことでお悩みですか?

  • 示談きんが低すぎる・わからない/詳細はこちら
  • 後遺障害等級を適正に認定されたい/詳細はこちら
  • 保険会社の対応に納得いかない/詳細はこちら
  • 過失割合に納得いかない/詳細はこちら
  • 治療費の打ち切りを宣告された/詳細はこちら
  • 弁護士費用が心配だ/詳細はこちら
ご家族が死亡事故にあった方へ

交通事故でお困りの方は今すぐお電話ください!



「交通事故に遭ってしまったがどうしたらいいのかわからない…」
「提示された示談金に納得がいかない…」
このような悩みをお持ちの方は今すぐ当事務所にご相談ください。お話の内容が「相談」の形になっていなくても構いません。ありのままをお話いただければ、こちらで整理させていただきます。「こんなことを相談してもいいんだろうか」と心配なさらず、まずはお気軽にお問い合わせください。初回相談料は無料です。

適正な賠償金を受け取るためには正しい対処が必要

保険会社から提示される示談金は、一般の方には分かりにくい形で低く設定されています。また、後遺障害等級認定に大きく関わる「後遺障害診断書」も、すべての医師が等しく適切な内容を書けるわけではありません。医師はあくまでも医療のプロフェッショナルであり、交通事故(後遺障害の認定実務)に精通しているとは限らないからです。診断書の内容が医学的には正しくても、等級認定に必要な情報が不足していては適正な等級認定を受けることができません。

それぞれには正しい対処が必要であり、知っていると知っていないのでは賠償金が大きく変わってしまいます。とは言え、この対処を一般の方が全て行うにはハードルが高いです。保険会社との示談ひとつをとってみても、担当者との交渉に経験やノウハウが必要になります。また、後遺障害等級認定においても、症状に合わせた診断書のチェックや資料の収集方法などを熟知しておかなければなりません。インターネットに記載されている情報で対応しようとしても、情報が古かったり正確ではない場合があるので、逆に自分にとって不利になってしまうことすらあります。

適正な賠償金を獲得するには、弁護士の力が必要です。当事務所は交通事故案件に注力し、積極的に研鑽を重ねてきており、取り扱う事件全体の中でも交通事故が相当な割合を占めています。きっと皆様のお力になれるはずですので、お困りの方は今すぐ当事務所までご相談ください。

弁護士が介入することで賠償金は大幅に増額する

弁護士が介入することで、保険会社から支払われる賠償金は大幅に増額します。同じ事故でも弁護士が代理人として入るだけで数10~100万円、あるいはそれ以上増額するというケースがあります。これが交通事故における賠償問題の事実です。

弁護士が入るとなぜ賠償金は増額するのか?

弁護士が介入することで賠償金額が大きく増額する理由は大きく2つあります。

  • 保険会社の提示額がそもそも低いため
  • 裁判や交渉を有利に進められるため

保険会社から提示された金額は低く設定されているから

まず、保険会社から提示される示談金は、基本的に低く設定されています。その際に使われるのが「自賠責保険基準」「任意保険基準」という低い基準であり、保険会社は通常、これらの基準によって示談金を算出・提示しています。しかし、弁護士が介入することで、示談金の金額を「弁護士基準」「裁判所基準」の水準まで一気に引き上げることができるのです。

裁判や専門知識を駆使し優位に交渉できるから

また、弁護士は保険会社と対等以上に交渉できるという強みを持っています。一般的に保険会社は「これが精一杯の金額です」「決まりによってこれしかできない」などとして、被害者の要求や言い分にそのまま応じてくれることはほとんどありません。しかし、弁護士が介入し、訴訟を見据えた交渉ができるようになると、こちらの要求や言い分に沿った歩み寄りの姿勢を見せてくれるようになります。このように「訴訟」というカードを持っているからこそ、弁護士は保険会社と対等以上に交渉できるのです。

また、示談金が適正金額かどうかを判断するには専門的な知識が必要です。たとえば、保険会社が示談金の費目を細かく設定・説明せず、大まかに「慰謝料」などと記載して内容をぼかしていることなどもありますから、示談の提示内容を正しく読みとくためには、専門的な知識が是非とも必要です。賠償金に含まれるのは治療費だけではなく、休業損害や入通院慰謝料、場合によっては逸失利益、後遺障害慰謝料、将来介護費なども含まれます。一般の方には、これら全ての費目を正確に把握することが難しい場合が多いですが、弁護士であれば、これらをそれぞれ詳しく算出して請求することが可能になります。

また、この他にも精神的な負担が減ったり、時間や労力のコストカットが見込めます。
交通事故において弁護士に依頼することにはメリットが沢山あるのです。

弁護士の力量によって結果は変わる

では弁護士であれば誰でもいいかと言えばそうではありません。
交通事故事件の処理には、法律家としての基礎的な素養の他に、多岐にわたる専門的知識と経験、ノウハウやテクニックが必要であり、それにより賠償金が大きく変わるからです。是非、交通事故に強い弁護士に依頼するようにしてください。

後遺障害等級認定には医療知識が不可欠

交通事故の難しさの一つに専門的な医療知識の必要性が挙げられます。通院の仕方、受けた検査、画像や診断書の有無などが、賠償金の内容に大きく影響するからです。特に高次脳機能障害や脊髄損傷などの重度の後遺障害は取り扱いが難しく、むちうちなど軽度な障害と比べて、後遺障害等級認定の申請時の書式や取り揃えるべき資料に大きな違いがあります。適切・スムーズな手続きには弁護士の経験と知識が必要です。当事務所は、高次脳機能障害や脊髄損傷などの重度の後遺障害案件にも対応経験が豊富であり、それらの案件において適切な等級認定を獲得してきました。後遺障害に関するサポートを必要とされている場合はぜひ当事務所にご相談ください。

プロである保険会社との交渉には経験とノウハウが必要

また、保険会社との交渉においても、独特なノウハウや経験が必要です。
示談交渉のノウハウや相場感といったものは、現場で経験を積むことでしか身につけられないスキルのひとつです。よって弁護士によって力量に大きな差がある部分でもあります。どれだけ場数を踏んでいるかによって、交渉の進め方や成果も変わってきます。特に交通事故事件で言えば、各保険会社の特性を知っているかどうかも大きなポイントです。交通事故事件の経験の多寡により、いわゆる交渉力やその成果も大きく変わりますので、できるだけ経験豊富な弁護士に依頼することを強くお勧めします。

早めの相談で賠償金の最大化へ

交通事故に遭った場合は、出来るだけ早く弁護士に相談してください。時間が経ってしまうと必要な証拠が残せなくなってしまうこともあります。場合によっては適切な賠償金も受け取れなくなるので、とにかく早期に弁護士に相談することが重要です。すぐに依頼する必要はないですが、少なくとも色々な選択肢が発生する前に話だけでも聞いておくほうがいいです。それだけでも良い結果につながります。当事務所では初回相談料無料です。「何を聞いたらいいのかわからない」そんな状態でも構いません。お話をしながらこちらで状況を把握させていただき、それぞれの方のご事情や段階・場面に応じて、弁護士が最善と考えるご提案をさせていただきます。

当事務所の料金システムは 安心の完全後払い制です。

増額した分からのみ報酬をいただくシステム 増額しない限り依頼者の負担は0円

さらに相談料0円 着手金0円

つまり、弁護士報酬でお客様が損をすることはありません。

弁護士費用特約があれば実質負担金は無料

ご自身の自動車保険に弁護士費用特約の付帯はありませんか?弁護士費用を保険会社から負担してもらえますので(但し上限300万円まで)、付帯がある方は必ずご利用ください。ご自身の保険だけでなく、ご家族の保険、もしくは火災保険などの付帯でも利用できることもございます。特約が付帯されているかどうか一度ご確認いただくことをお勧めします。

相談料・着手金0円/完全成功報酬制/賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません!

0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら

せせらぎ法律事務所は立川周辺エリアで交通事故に力を入れる事務所です!

弁護士の飛田と山下です。ここ、せせらぎ法律事務所立川支所は、交通事故事件に注力してきた2名の弁護士が在籍しております。現在も、ご依頼をお受けする事件の中では交通事故が相当なシェアを占めており、交通事故案件に積極的に取り組む姿勢、研鑽を積んできた時間、集積した知識やノウハウなどには自信があります。そのような意味では、周辺エリアの法律事務所の中でも、相当に高いレベルで交通事故事件に注力しており、交通事故事件に強みのある事務所の一つといえるはずです。交通事故被害にお困りの方であれば、どのようなケースでも柔軟に対応するよう心掛けておりますので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

  • 徹底した攻略法により納得の賠償金をスピード獲得

    徹底した攻略法により納得の賠償金をスピード獲得

    当事務所の弁護士は、これまで交通事故事件を500件以上取り扱ってきました。また、現在も、交通事故案件に強いことを最大のアピールポイントとして、交通事故案件を中心にご依頼をお受けし続けています。豊富な実務経験や、交通事故案件に特殊な知識・ノウハウの集積といった部分については自信がありますので、周辺地域の他の事務所様、先生方と比較検討していただいても、決して見劣りすることはないと自負しております。
    我々は、これまでの経験により、保険会社との交渉ノウハウや相場感などに習熟しており、相手方保険会社が承認しやすい資料や過去の事例を的確に用意することができます。そのため、我々が取り扱う案件のほとんどは示談で終了しており、スピード解決を図れていることが大きな特徴といえます。

  • 豊富な医療知識とネットワークで後遺障害認定の手厚いサポート

    豊富な医療知識とネットワークで後遺障害認定の手厚いサポート

    また、交通事故案件の処理や後遺障害等級の獲得に必要な医学・医療の専門的知見は、一般の弁護士であればなかなか身につける機会がないものですが、我々は、これまでの経験や研鑽により、それらの知見も習得しております。
    重度の後遺障害等級の獲得に必要な通院や検査のサポート、また医師との連携も密に行い、手紙でのやり取りや診断書の作成サポートまで行っております。
    また、地元密着型の弁護士事務所である強みを生かし、地域の病院や医療機関の情報にも精通しており、データベースにて最新情報を管理しております。後遺障害等級の獲得に有益な通院や各種検査のための医療機関も紹介しております。

  • 事故直後の相談から示談・解決までワンストップのサポート

    事故直後の相談から示談・解決までワンストップのサポート

    当事務所では、最初から最後まで同じ弁護士が直接バックアップします。また、初回の面談時においては、原則として2人の弁護士が同時にお話を伺います。このようにすることで、ご相談の内容に見落としや漏れがなくなり、弁護士からのご提案の内容も、より幅広く、多角的で精密なものとなります。ご入院中やご通院時にも、必要に応じて密に連絡を取り合うことで、細かい状況把握やアドバイスを行っております。
    また、当事務所では、お電話でのお問い合わせへの対応にも特に力を入れており、弁護士が直接お話をすると共に、お電話だけでもできる限り詳細・丁寧に情報をお伝えするよう心掛けています。まだ弁護士に依頼するべきかどうかが判断できない、とにかく今困っているけどどうすればいいかわからない、そんな方でも歓迎しております。
    交通事故は知らないと損することが多いです。そのため、電話相談においても少しでも「弁護士に相談して意味があった」そう思っていただける対応を心がけております。

交通事故にお困りの方は今すぐご連絡ください!

交通事故事件は知らないと損することが非常に多いです。例えば、保険会社の示談金は本来の金額と比べるとかなり低額になっていること、通院中の行動ひとつで最終的な賠償金が減ってしまう可能性があることはあまり知られていません。正しい知識と方法、適正な賠償金をもらうためにはこれらが必要です。

私たち弁護士は、お客様が適正な賠償金を獲得できるようサポートするのが仕事です。「一人でも多くの被害者の役に立ちたい」その思いのもと日々交通事故事件に取り組んでいます。「こんなこと話してもいいのだろうか」と遠慮せず、お気軽にお問い合わせください。ご相談ひとつひとつに対し適切な情報提供を心がけております。初回相談料は無料です。

解決事例

ビデオや陳述書を利用した異議申立てにより、後遺障害等級10級を獲得した事例

後遺障害等級
10級
傷病名
上下顎骨粉砕骨折、歯牙損傷
最終獲得額
774万円
保険会社提示額
交渉前

主婦の休業損害と通院慰謝料の増額により,賠償金が約2倍になった事案

後遺障害等級
該当せず
傷病名
頚椎捻挫,腰椎捻挫
最終獲得額
80万円
保険会社提示額
42万円

非該当の賠償金が,交渉により約63万円増額した事案

後遺障害等級
該当せず
傷病名
頚椎捻挫、腰椎捻挫
最終獲得額
119万円
保険会社提示額
49万円
その他の解決実績はこちら

事故発生からのサポート内容

  1. 事故発生

    今後の見通しについてしっかりとした説明を行います

    当事務所ではご相談いただいた時点ですべての情報をお伝えするようにしております。事件の解決までの流れや必要な情報を最初に知っていただきたいからです。ご来所時にはホワイトボードを使いながら、なるべく分かりやすく説明することを心がけておりますので、ご不明な点があれば、お気兼ねなくご質問ください。

  2. 通院・治療

    賠償金の最大化につながる通院指導を徹底します

    どのような治療を受けるかというのは今後の賠償金の額に大きく影響します。そのため、当事務所では通院の頻度や内容、必要な検査をアドバイスします。適切な賠償金を受け取るための治療方法について全面的なサポートを行います。

  3. 症状固定

    打ち切りの妥当性を判断し
    今後の対応を的確にアドバイスします

    治療費打ち切りに関しては事前からの対策を行い、適切な通院期間の確保に向けてサポートいたします。なお、正式に打ち切られた場合には、その後発生する治療費を賠償金に上乗せして請求いたします。

  4. 後遺障害等級認定

    適正な後遺障害等級認定に向け
    サポートします

    後遺障害の等級認定では、後遺障害診断書の内容が重要です。そのため、当事務所では診断書を医師任せにするのではなく、内容を精査し、場合によってサンプルを用意するなど弁護士側からも積極的にチェックしております。内容に不足がある場合には、加筆・修正対応してもらうようにもアドバイスいたします。

  5. 示談

    お客様の賠償金を最大限増額させます

    我々はこれまでの経験により示談交渉を有利に進めるポイントを熟知しております。そのため、保険会社の傾向の違いや、保険会社の担当者に個性の違いがあっても、臨機応変に交渉を進めることができています。
    こうした対応により、交渉段階においても、裁判基準に準じた高い賠償金の獲得を目指しています。

  6. 裁判

    賠償金の最大化のため徹底的に戦います

    当事務所は、交通事故用の裁判例の検索システムを導入し、複数の裁判例を比較、検討することで、裁判へ進んだ場合の裁判所の判断について、より正確な予測を行っています。
    過失割合や事故態様などが争点である場合には、可能な限り現場に足を運び、また刑事記録や防犯カメラの映像を分析するなどして、より有利な主張を組み立てるように努めています。

事務所概要

事務所名
弁護士法人せせらぎ法律事務所 東京立川支所
代表者
飛田 貴史・山下 南望
登録番号
46497(飛田貴史),47576(山下南望)
所属弁護士会
第二東京弁護士会
電話番号
0120-543-348
所在地
東京都立川市柴崎町2-3-20 門倉ビル1階
営業時間
毎日10:00 – 18:00 ※ご予約で夜間・土日祝相談可能

相談料・着手金0円/完全成功報酬制/賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません!

0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら
0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら