【死亡事故】高齢者の死亡案件で,事前提示から約1800万円増額した事案

後遺障害等級
なし
傷病名
死亡
最終獲得額
4020万円
保険会社提示額
2220万円

ご相談内容

被害者 70代 女性
傷病名 死亡
後遺障害等級 なし
獲得金額 4020万円
70代の女性が亡くなった交通事故で,相手方保険会社から,事前提示があったが妥当だろうか,とのご相談でした。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
逸失利益 720 1670 950
慰謝料(近親者慰謝料含む) 1400 2250 850
葬儀費用 100 100 0
合計 2220 4020 1800
単位:万円
相手方からの提案書を検討すると,逸失利益と慰謝料が低額であることが分かりました。 逸失利益については,相手方の提示には,主婦業の逸失利益が計上されていましたが,年金収入分が計上されていなかったため,年金収入の確認についてご遺族にご協力いただきました。 交渉を開始しても相手方からは,慰謝料について低額な修正案が返ってきました。そこで,主婦で被害者と年齢の近い死亡案件についての裁判例を調査し,慰謝料額の平均を割り出しました。その資料をもとに,交渉を継続し,増額した金額で示談に至りました。

解決内容

逸失利益については,当初720万円が1670万円へ増額しました。主婦業の逸失利益については,基礎年収や生活費控除率を有利にすることができたことが増額につながりました。また,年金収入の逸失利益についても計上したことも増額につながりました。 慰謝料については,1400万円から2250万円へ増額しました。被害者と同じ主婦で,年齢の近い裁判例を調査し資料を作成したことで,当方の請求に説得力が増したものと考えています。

所感(担当弁護士より)

本件は,被害者が70代の主婦であったため,逸失利益の基礎年収をいくらと設定するかについて争いとなることが予想されました。もっとも,本件では,ほぼ当方の主張どおりの内容となりました。 慰謝料については,相手方の修正案の段階でも,当方の請求と開きがありました。そこで,裁判例を調査したのですが,主婦でかつ年齢の近い裁判例を複数見つけることができ,最終的には,当初の提示から850万円の増額となりました。相手方としても,当方が裁判例を複数出したことにより,具体的な資料として,保険会社内部での検討を進め易かったものと思います。

その他の解決事例

最終獲得額
4522万円
保険会社提示額
交渉前

治療中からご相談を受けたことにより高次脳機能障害を発見し、約5900万円の賠償金を獲得できたケース

後遺障害等級
併合1級
傷病名
高次脳機能障害、外貌醜状(頭部)
最終獲得額
5900万円
保険会社提示額
交渉前
最終獲得額
590万円
保険会社提示額
116万円

相談料・着手金0円/完全成功報酬制/賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません!

0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら
0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら