事前認定で非該当となった後、弁護士による異議申立てで14級の後遺障害等級を獲得した事例

後遺障害等級
14級
傷病名
腱板損傷
最終獲得額
184万円
保険会社提示額
交渉前
被害者 60代 主婦 女性
部位
傷病名 腱板損傷
後遺障害等級 14級
最終獲得金額 約184万円
項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 14級
後遺障害慰謝料 0 99 99
逸失利益 0 85 85
合計 0 184 184
単位:万円

事故・怪我の状況

ご依頼者様が乗用車を運転中、道路外の駐車場から出てきた相手車に衝突され、首・腰・肩などを痛めてしまったという事故でした。

ご依頼者様としては、特に肩の強い痛みに長く悩まされてきたとのことでした。

解決までの流れ

本件のご依頼者様は、既に治療を終えられ、かつ、相手方保険会社から一部(傷害分)の賠償金を受け取った状態でご相談にみえられました。

そのご相談の内容は、タイトルのとおり、「後遺障害」に関するものでした。ご依頼者様は、本件事故によるお怪我の中でも、肩の強い痛みに最も悩まされており、現在でもその症状は改善していないのに、それが後遺障害に該当しないという認定には納得ができないと考えていらっしゃったのです。

そこで、弁護士としては、まず相手方保険会社から一切の医療記録の提供を受け、異議申立てによって認定が変更される可能性があるか否かを検討することにしました。そうしたところ、治療中に作成された診断書(経過診断書)の中には「腱板断裂」という明白な異常所見が記載されており、後遺障害診断書にも同様の記載があることが分かったのです。

また、ご依頼者様は幸いにも弁護士費用特約をご利用になれたため、異議申立ての補強材料として「MRI画像の鑑定」を行うこともできました。この外部の医師による鑑定で、改めて明白な腱板断裂の所見がある旨を意見してもらえたことは、異議申立てを成功に導く重要な要素になったものと考えます。

さらに、上記のような医証のみならず、ご依頼者様に伺った生活史・事件前後のエピソードなどにつき、弁護士が要点をまとめた陳述書等も作成し、異議申立ての材料としました。このように、弁護士の経験則に基づくポイントを絞った異議申立ての準備を行った結果、幸いにも、ご依頼者様には14級の後遺障害等級を獲得していただくことができました。

もともと後遺障害に関する賠償金は0円の状態でしたから、弁護士へのご相談・ご依頼により、相当に大きな経済的利益を得られたことになり、ご依頼者様にも大変喜んでいただくことができました。後遺障害等級の獲得に役立つ知識や経験は、実際に数多くの事例に当たることで初めて身に付く部分があります。

そして、当事務所には、これまでに多数の事例を手掛けてきた経験値の蓄積があり、後遺障害等級の獲得に関するノウハウには自信を持っております。既に保険会社から後遺障害の判定結果を言い渡されていらっしゃる方も、ご納得のいかない部分が少しでもあるようでしたら、是非一度ご相談いただければと思います。

その他の解決事例

後遺障害申請をサポートし,頚部・腰部について14級の認定を受け,283万円で示談した事案

後遺障害等級
14級
傷病名
外傷性頚部症候群,外傷性腰部症候群
最終獲得額
283万円
保険会社提示額
-万円

主婦の休業損害と通院慰謝料の増額により,賠償金が約2倍になった事案

後遺障害等級
該当せず
傷病名
頚椎捻挫,腰椎捻挫
最終獲得額
80万円
保険会社提示額
42万円
最終獲得額
1089万円
保険会社提示額
交渉前

相談料・着手金0円/完全成功報酬制/賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません!

0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら
0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら