顔面に傷跡が残ってしまったことにより、総額1000万円以上の賠償金が支払われた事例

後遺障害等級
9級
傷病名
肋骨骨折、顔面裂創など
最終獲得額
1026万円
保険会社提示額
-万円
被害者 40代 無職 男性
部位 顔面
傷病名 肋骨骨折、顔面裂創など
後遺障害等級 9級
最終獲得金額 350万円
項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 9級
入通院慰謝料 50 50
休業損害 0 0
逸失利益 316 316
後遺障害慰謝料 660 660
合計 1026 1026
単位:万円

事故・怪我の状況

ご依頼者様が自転車に乗って歩道を走行していたところ、車道から路外の施設へ進行しようとした加害車両に衝突されそうになりました。そして、加害車両を避けようとしたご依頼者様は自転車から投げ出されて転倒してしまい、肋骨骨折やお顔の切り傷などのお怪我を負われました。

解決までの流れ

ご依頼者様からは事故の約1か月後にご連絡をいただき、今後の治療方針や解決までの流れについてご相談をいたしました。 そして、ご相談の際、お顔にハッキリした傷痕が残ってしまっていることを確認できたため、「外貌醜状」をメインに後遺障害等級の獲得を目指すこととなったのです。 その後、骨折・打撲などのお怪我は比較的早期に治癒されたのですが、ポイントはお顔の傷跡であることをご理解いただいていたため、症状固定までしばらくの時間をおいて、後遺障害等級認定申請に踏み切りました。 そうしたところ、狙った通りの等級(9級)を獲得でき、賠償金の総額を相当に大きいものにすることができました。 なお、裁判上外貌醜状については逸失利益が認められないことも多く、さらに、この方は事故当時失業中であったのですが、相手方保険会社との交渉により、最終的にはある程度の逸失利益を含む賠償金を得られました。この点は、非常に良い成果であったと考えています。

その他の解決事例

後遺障害14級の賠償金が、約142万円増額し、当初の約2倍の金額となった事案

後遺障害等級
14級
傷病名
外傷性頚部症候群、胸椎捻挫、腰椎捻挫
最終獲得額
277万円
保険会社提示額
135万円
最終獲得額
4020万円
保険会社提示額
2220万円

異議申立てにより,14級が認定され,約290万円増額した事案

後遺障害等級
14級
傷病名
外傷性頚部症候群,腰椎骨挫傷
最終獲得額
323万円
保険会社提示額
33万円

相談料・着手金0円/完全成功報酬制/賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません!

0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら
0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら