症状固定前からのサポートにより併合14級の後遺障害が認定され、裁判基準に準ずる賠償金を獲得できた事例

後遺障害等級
併合14級
傷病名
頚椎捻挫、腰椎捻挫、右下肢末梢神経障害
最終獲得額
350万円
保険会社提示額
交渉前
被害者 40代 会社員 男性
部位 首、腰
傷病名 頚椎捻挫、腰椎捻挫、右下肢末梢神経障害
後遺障害等級 併合14級
最終獲得金額 350万円
項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 併合14級
入通院慰謝料 100 100
休業損害 0 0
逸失利益 150 150
後遺障害慰謝料 100 100
合計 0 350 350
単位:万円

事故・怪我の状況

車両を運転し、信号待ちをなさっていた際に追突被害に遭われたご依頼者様です。事故後、首や腰などに痛みを感じ、右足の足先にも痺れを感じるようになってしまいました。

解決までの流れ

ご依頼者様はご自身の任意保険に弁護士費用特約を付帯していらっしゃり、交通事故に係る弁護士の役割についても詳しく知見をお持ちでいらっしゃいました。 そのため、症状固定の直前の段階で、「今後の後遺障害等級認定申請及び相手方保険会社との交渉を弁護士に任せたい」とのご用命をくださったものです。 ご依頼をいただいた後は、後遺障害診断書の内容面などについてサポートを行い、各種資料を取り揃えて被害者請求を行いました。そうしたところ、首と腰について併合14級を獲得することができ、賠償金の総額を一気に高めることができました。 なお、この方はご年収が相当に高額であったため、相手方保険会社との間で「逸失利益」の有無や大小などが激しく争われましたが、結果としては裁判によることなく、早期に十分な慰謝料・逸失利益を確保することができました。

その他の解決事例

異議申立てにより、賠償額が10倍以上に増加した事例

後遺障害等級
12級
傷病名
腱板断裂、関節唇損傷
最終獲得額
354万円
保険会社提示額
26万円
最終獲得額
1026万円
保険会社提示額
-万円

事故直後からのサポートにより後遺障害等級12級が認定され、賠償金額も大きく増額できた事例

後遺障害等級
12級
傷病名
左鎖骨骨幹部骨折、左前十字靭帯損傷
最終獲得額
970万円
保険会社提示額
695万円

相談料・着手金0円/完全成功報酬制/賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません!

0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら
0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら