異議申立てにより後遺障害等級14級が認定され、弁護士への依頼前よりも賠償金が約350万円増額した事例

後遺障害等級
14級
傷病名
頚椎捻挫、腰椎捻挫
最終獲得額
415万円
保険会社提示額
64万円
被害者 40代 男性 会社員
部位 首、腰
傷病名 頚椎捻挫、腰椎捻挫
後遺障害等級 14級
最終獲得金額 415万円
項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 14級
入通院慰謝料 64 80 16
後遺障害慰謝料 0 99 99
逸失利益 0 236 236
合計 64 415 351
単位:万円

事故・怪我の状況

四輪車同士の追突事故被害者の方で、頚椎捻挫による頚部~上腕部の痛みや、腰椎捻挫による腰部~下肢の痛みが残存していらっしゃいました。 それにもかかわらず事前認定では後遺障害非該当との結果となり、かなり少ない賠償金しか提示されなかったため、弁護士へ相談してみようと考えてくださったとのことでした。

解決までの流れ

「どのようにして異議申立てを成功させるか」ということが問題となった案件です。 本件については、症状固定前の患部画像がレントゲンしか存在せず、精密な鑑定などを行うには資料が不足している状態でした。そこで、弁護士からの提案により、新たに首・腰のMRI画像を撮影していただき、それを材料に異議申立てを行うことにしました。 そうしたところ、ご依頼者様の頚部・腰部からは、明確な椎間板ヘルニアの所見が見出され、異議申立てへの大きな追い風となりました。 また、本件では幸運にもドライブレコーダー映像が保管されていたので、その映像も材料として「衝突の激しさ=人体へのダメージの大きさ」をアピールする作戦としました。 このように様々な工夫をこらして異議申立てを行ったところ、結果としてめでたく成功し、後遺障害等級併合14級が認定されたものです。 ご依頼者様には、依頼前の5倍以上にもなる非常に大きな賠償金をお渡しでき、大変喜んでいただけました。 当事務所のこれまでの多様な経験を生かした異議申立ての工夫により、ご依頼者様へ多くの利益をお届けすることができた良いケースの一つだと考えています。

その他の解決事例

裁判等によらず、短期間で賠償金が約3.5倍に増額した事案

後遺障害等級
非該当
傷病名
右鎖骨骨折
最終獲得額
88万円
保険会社提示額
23万円

腰椎圧迫骨折で11級が認定され,2760万円を獲得した事案

後遺障害等級
11級
傷病名
腰椎圧迫骨折
最終獲得額
2760万円
保険会社提示額
交渉前
最終獲得額
4020万円
保険会社提示額
2220万円

相談料・着手金0円/完全成功報酬制/賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません!

0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら
0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら