後遺障害14級が認定され賠償金が合計約390万円となった事案

後遺障害等級
14級
傷病名
前十字靭帯損傷
最終獲得額
390万円
保険会社提示額
-万円
被害者 30代 主婦 女性
部位 右膝
傷病名 前十字靭帯損傷
後遺障害等級 14級
最終獲得金額 390万円
 
項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級  – 14級
入通院慰謝料 143 143
休業損害 63 63
逸失利益 82 82
後遺障害慰謝料 94 94
その他 8 8
合計 390 390
単位:万円

事故・怪我の状況

自転車乗車中に、車に衝突され転倒し、救急搬送されました。 右膝を受傷し、前十字靭帯損傷が判明しました。 入院のうえ再建手術を受けました。 リハビリ通院をしましたが、痛みが残存したため、後遺障害申請をすることになりました。

解決までの流れ

再建手術が成功し動揺性もないため、右膝の痛みについては、神経症状として14級9号が認定される可能性があることをお伝えし、後遺障害申請からご依頼いただきました。 その後、申請によりやはり14級9号が認定されました。 後遺障害が認定されたあと、抜釘のため入院・手術がなされたため、症状固定後ではありますが、当該入院期間、手術代も含め賠償金の交渉を行いました。 主婦の休業損害(主婦休損)については、入院期間だけでなく、退院後も含め、家事労働へ影響した度合い・期間をご本人から聞き取り、交渉を行いました。その結果、主婦休損は約63万円と高い金額となりました。 また、入通院慰謝料は、装具固定の期間を入院期間に準ずるものとして交渉を行い、やはり143万円と高い金額となりました。 本件では、装具固定の期間や家事労働への影響、症状固定後の入院・手術について、ご本人から聞き取りができ、交渉に盛り込めたことが良い結果につながったと思います。 損害計算に取り込むことができる事情は、事案により様々です。 そのため、我々は、記録を慎重に読み、ご本人から聞き取りを行うように心掛けています。

その他の解決事例

最終獲得額
259万円
保険会社提示額
47万円

腰椎圧迫骨折で11級が認定され,2760万円を獲得した事案

後遺障害等級
11級
傷病名
腰椎圧迫骨折
最終獲得額
2760万円
保険会社提示額
交渉前
最終獲得額
950万円
保険会社提示額
50万円

相談料・着手金0円/完全成功報酬制/賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません!

0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら
0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら