MRI撮影,画像鑑定を行ったうえで異議申立てを行い,併合14級が認定され約172万円増額した事案

後遺障害等級
併合14級
傷病名
頚椎捻挫、腰椎捻挫
最終獲得額
241万円
保険会社提示額
69万円
被害者 50代 会社員 男性
部位 頚部、腰椎
傷病名 頚椎捻挫、腰椎捻挫
後遺障害等級 併合14級
最終獲得金額 241万円
項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 非該当 14級
入通院慰謝料 69 82 13
休業損害 0 0 0
逸失利益 70 70
後遺障害慰謝料 89 89
合計 69 241 172
単位:万円

事故・怪我の状況

交差点を直進中に,右方から進行してきた車と衝突しました。首と腰に痛みを感じリハビリ通院しましたが,痛みが残存しました。そこで,相手方保険会社を通じ,後遺障害申請をしましたが,非該当の結果で,相手方保険会社から69万円の賠償金の提示がありました。

解決までの流れ

相手方保険会社から提示された賠償金の内容と後遺障害が非該当であったことについてご相談がありました。 事故車両の写真を拝見したところ,事故車両の損傷の程度は大きく,ご相談者の身体への衝撃が大きかったことは明らかでした。 そこで,非該当の結果について異議申立てをする方針でご依頼を受けました。 これまでに,頚部と腰部についてMRIを撮影していなかったため,症状固定後ではありますが,撮影を行っていただきました。そして,当該MRI画像について,事故との因果関係を明らかにするため,画像鑑定を行いました。 これらの医証をもとに異議申立てを行ったところ,頚部と腰部について14級が認定されました。 そして,相手方保険会社と交渉を行いご依頼前の提示額から約172万円増額した金額での示談となりました。 異議申立てにあたり,適切な資料を準備できたことが,後遺障害認定につながったと考えています。

その他の解決事例

最終獲得額
590万円
保険会社提示額
116万円

ビデオや陳述書を利用した異議申立てにより、後遺障害等級10級を獲得した事例

後遺障害等級
10級
傷病名
上下顎骨粉砕骨折、歯牙損傷
最終獲得額
774万円
保険会社提示額
交渉前
最終獲得額
220万円
保険会社提示額
-万円

相談料・着手金0円/完全成功報酬制/賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません!

0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら
0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら