後遺障害等級獲得後の示談交渉をご依頼いただいたことにより、300万円以上賠償金が増額した事例

後遺障害等級
12級
傷病名
鎖骨骨折後の肩関節の機能障害
最終獲得額
630万円
保険会社提示額
308万円
被害者 50代 会社員 男性
部位
傷病名 鎖骨骨折後の肩関節の機能障害
後遺障害等級 12級
最終獲得金額 630万円
項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 12級 12級
入通院慰謝料 84 118 34
逸失利益 124 222 98
後遺障害慰謝料 100 290 190
合計 308 630 322
単位:万円

事故・怪我の状況

横断歩道付近を歩行中に加害車両から衝突されたことにより、鎖骨を骨折してしまい、その後に肩関節の機能障害(可動域制限)が残存してしまった被害者の方でした。

解決までの流れ

ご依頼者様は、当事務所へのご依頼前に、いわゆる事前認定により12級の後遺障害等級を獲得していらっしゃいました。その上で、相手方保険会社からの賠償提案までがなされていたのですが、「もし弁護士に頼むことで賠償金がアップするならばお願いしたい」ということでご相談をいただきました。 ご依頼をいただいた後は、後遺障害慰謝料や逸失利益などの費目について裁判基準を用いた増額交渉を行い、併せて過失割合についても、道交法の解釈論などを含めた主張・反論を行いました。 その結果、後遺障害慰謝料や逸失利益は約2倍に増え、ご依頼者様に多額の利益をお届けできました。なお、この方は弁護士費用特約のご加入がなかったため、当初は弁護士に依頼をすべきか否かを大変迷われたそうですが、最終的な解決内容には十分にご納得をいただけましたので、私共としても嬉しく思っております。

その他の解決事例

極めて短い交渉期間で、賠償金を2倍に増額することができた事案

後遺障害等級
併合14級
傷病名
左膝挫傷 左足関節靭帯損傷
最終獲得額
332万円
保険会社提示額
116万円
最終獲得額
950万円
保険会社提示額
50万円

非該当の賠償金が,交渉により約63万円増額した事案

後遺障害等級
該当せず
傷病名
頚椎捻挫、腰椎捻挫
最終獲得額
119万円
保険会社提示額
49万円

相談料・着手金0円/完全成功報酬制/賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません!

0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら
0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら