裁判等によらず、短期間で賠償金が約3.5倍に増額した事案

後遺障害等級
非該当
傷病名
右鎖骨骨折
最終獲得額
88万円
保険会社提示額
23万円
被害者 40代 会社員 男性
部位 右肩
傷病名 右鎖骨骨折
後遺障害等級 非該当
最終獲得金額 88万円
項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 該当なし 該当なし
入通院慰謝料 23 88 65
休業損害 0 0 0
逸失利益 0 0 0
後遺障害慰謝料 0 0 0
合計 23 88 65
単位:万円

事故・怪我の状況

ご依頼者様は、自転車に乗車中に事故に遭われ、右鎖骨骨折の傷害を負われました。 事故直後には骨折が発見されず、事故後4日目の再検査を経てからのご入院・手術となり、長期間の保存・経過観察を経てから、ボルトやプレートを抜去するためのご入院・手術を受けていらっしゃいました。

解決までの流れ

ご依頼者様からは、端的に「賠償金が低すぎるように思う」とのご相談がありました。 通例、保険会社から提示される賠償金額は低く抑えられていますが、この件の場合は、お怪我の性質上ご通院の日数が極端に少なかったため、更に提示額が小さくなっていました。 弁護士としては、事故直後から骨折が発見されるまでの期間も入院期間に準じて扱うべきこと、慰謝料を裁判基準で計算すべきことなどを主張し、結果として、交渉開始から僅か1週間で賠償金額を約3.5倍にすることができました。

その他の解決事例

最終獲得額
259万円
保険会社提示額
47万円
最終獲得額
3000万円
保険会社提示額
1772万円
最終獲得額
590万円
保険会社提示額
116万円

相談料・着手金0円/完全成功報酬制/賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません!

0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら
0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら