異議申立てにより、賠償額が10倍以上に増加した事例

後遺障害等級
12級
傷病名
腱板断裂、関節唇損傷
最終獲得額
354万円
保険会社提示額
26万円
被害者 70代 男性 無職
部位
傷病名 腱板断裂、関節唇損傷
後遺障害等級 12級
最終獲得金額 354万円
項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 非該当 12級
入通院慰謝料 26 64 38
後遺障害慰謝料 0 290 290
合計 26 354 328
単位:万円

事故・怪我の状況

自転車で走行中、加害車両に衝突され、アスファルト上に転倒してしまった被害者の方です。骨折の所見はありませんでしたが、長期間の治療を経ても肩の痛みがとれないという状況でした。

解決までの流れ

遺障害等級は非該当」との連絡を受けていらっしゃいました。その上で、相手方保険会社からは非常に低額な賠償提案がなされており、「肩の痛みが残り続けているのに、このような賠償が妥当なのでしょうか」という疑問をご相談をいただきました。 ご依頼をいただいた後、仔細に医療記録を点検したところ、症状固定前のMRI撮像にて、「腱板断裂」「関節唇損傷」という明白な所見が得られていることが判明しました。そこで、異議申立てにおいては、自転車事故であって身体(肩)に直接強いダメージがあったことが窺われる旨、及び、そのような事故によって明らかに外傷性の異常所見が発生している旨を主張することにしたのです。 結果としては、こちらの主張が認められただけでなく、事前の弁護士の予想(14級)を上回る後遺障害等級を獲得することができました。そして、ご依頼前と比較すると10倍以上の賠償金をご依頼様にお渡しできることになり、弁護士としても非常に印象深い事件であったといえます。

その他の解決事例

最終獲得額
5200万円
保険会社提示額
交渉前
最終獲得額
220万円
保険会社提示額
-万円

症状固定前からのサポートにより併合14級の後遺障害が認定され、裁判基準に準ずる賠償金を獲得できた事例

後遺障害等級
併合14級
傷病名
頚椎捻挫、腰椎捻挫、右下肢末梢神経障害
最終獲得額
350万円
保険会社提示額
-万円

相談料・着手金0円/完全成功報酬制/賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません!

0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら
0120-543-348
24時間受付 メールでのご相談はこちら